刺激が少ないアイクリームで目元を保湿しよう!

女の人

美肌になるために

コスメティック

しっとりと美しい肌になるためには、保湿が大切です。自分の肌に合った化粧水で毎日ケアすること、その時の自分の肌や季節にも合った化粧水を使うことが大切です。美肌になるために、化粧水の付け方にも気をつけましょう。

View Detail

自分で出来る肌ケアとは

コスメ

市販の化粧品を活用すれば素人でも簡単に美肌ケアを行うことが出来ます。ただ、美白成分については事前にチェックが必要で、その分子の大きさがより小さいビタミンc誘導体が多く入っている化粧品を選ぶことで効果をより高めることが可能になります。

View Detail

小じわを増やさないために

クリーム

刺激に弱い皮膚

顔の中でも、眼球の近くの皮膚は三分の一の厚さしかありません。しかも、肌を刺激から守る役割もある皮脂の分泌が少ないので、常に乾燥しやすい状態です。特に女性の場合は、マスカラやアイラインなどのアイメイクやクレンジングで刺激を与えやすくなっています。薄くて刺激に弱い繊細な皮膚だからこそ、アイクリームで保護する必要があるのです。目元用に開発されていますから、保湿成分が多く、しわと乾燥対策に有益な成分は網羅されています。顔の保湿を毎日しているのに、目元のしわや乾燥が気になる時にはアイクリームを加えてみましょう。肌に潤いを与えることで、しわ対策になりますし、肌にハリが出て緩んだ目元が改善することでしょう。

正しい選択の仕方

アイクリームを美容の為に取り入れることにした時、どれを選べばいいのか迷うかもしれません。主な目的は保湿を行うことですから、保湿成分に注目して選択すればいいでしょう。保湿成分にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸が使用されているかと、含有量に注目します。次にプラセンタやEGF、レチノールなどの中から欲しい成分があるアイクリームを選びましょう。毎日使うものだからこそ、アイクリームのテクスチャーも気にした方がいいでしょう。使いやすくて、肌に塗った時になじみやすいものを探します。トライアルセットが用意されているアイクリームだと、使い心地がわかるので便利です。しっとりとした目元に改善できれば、メイクの仕上がりもよくなります。

敏感だからこそシンプル

女の人

刺激に敏感である敏感肌は、乾燥に悩むようになったタイミングがスキンケアの始め時です。シンプルなケアや成分で、一番大切なバリア機能を改善させる保水性を整えることがポイントとなり、生活の質を高めることがさらに良い方向に導ける内容です。

View Detail