刺激が少ないアイクリームで目元を保湿しよう!

婦人

敏感だからこそシンプル

女の人

不要な物を肌に与えない

化粧品を選ぶ際、シンプルな物選びが敏感肌の肌質では重要です。使用する化粧品が多くなれば、肌に合わない成分に当たる確率も高くなり、どの化粧品が肌に合わないのか判断できない場合もあるため、シンプルに一本化された化粧品などを選ぶ女性は増えています。敏感肌では、通常配合されているビタミンC誘導体やアルコール成分によってトラブルが起こりやすく、製薬会社や皮膚科医が監修するドクターズコスメなどのスキンケア化粧品は人気を高めています。第一に、刺激を与えないように作られており、無着色・エタノール・パラペン不使用など、不要な物を入れていないのも評価されています。その上で、皮膚の生成に不可欠なヒト型セラミドを数種類配合させるなど、外的刺激から肌を守るために必要な保水性に配慮でき、通年同じ化粧品によるケアでも十分に期待できると評価されています。

入浴もテクニックの1つ

肌の潤いは、皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質で保たれていますが、敏感肌の女性の場合には紫外線などの外的影響などからダメージを受けやすく、保湿因子の生産が難しくなり、乾燥した状態が続いてしまいがちです。紫外線のみならず、衣類や手、髪の毛などの摩擦や刺激にも敏感になりやすく、デリケートな肌の状態へと陥ってしまいます。深刻化する前の対策として、日頃の生活習慣と正しいスキンケアを行うだけで十分に対策は可能です。成長ホルモンが分泌する時間帯の睡眠や、美容や健康成分を含むバランスの良い食事、さらにストレスも敏感肌には悪影響となるため、ストレスを解消させる必要もあります。血流促進やリラクゼーション効果の高い入浴がポイントで、入浴剤には植物由来となるオーガニック成分にこだわった物を用いるなど、全身くまなくケアすることもテクニックの1つです。